NEWS!
PICK UP!

トルコ・リラ暴落!エルドアン大統領の政策スタンスに格付け会社が懸念表明。対ドルで4.8付近、対円では22円台をつける場面も。

20180523ドルトルコリラ日足チャート
22日の為替市場は、ロンドン時間ポンド中心に動きがあったものの、東京やNY時間は目新しい材料なく小動きでした。BOEブリハ委員が、財務特別委員会で「政策金利は今後数年で0.25%から0.50%上昇する」との見通しを発表しています。その他、エルドアン大統領の発言以降、売り圧力が強まっているトルコリラは暴落しました。

エルドアン大統領は、トルコ中銀の通貨安防衛(利上げ)を阻止する構えを見せており、急速に経済破綻へ向かっています。6/24大統領選挙に勝利した場合、利下げ?を主張しており通貨安懸念から資金流出が加速しています。原油価格の上昇もダブルパンチで、国民生活には大きな打撃。企業も対外債務の支払いが困難になるのが目に見えています。

トルコは破綻秒読みになっているにも関わらず、エルドアン大統領が破綻を加速させる政策をとる構え。これに投資家も格付け会社も首を傾げています。先進国含めた金融市場全体へ、トルコ破綻懸念が広がってくるか注目していますが、今のところは広がっていません。原油高+ドル高に苦しむ他の新興国(アルゼンチン・インドネシア・ブラジルなど)もよく見ておきます。

6/24トルコ大統領選挙へ向け、引き続きトルコ問題に注目。トランプ大統領関連では、やはり「米中貿易戦争」と「米朝首脳会談」に注目が集まります。本日は欧州圏のPMI、英4月消費者物価指数、米4月新築住宅販売件数、FOMC議事録(5/1-2分)が発表されます。トルコ・リラの値動きと併せて注目しています。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero