NEWS!
PICK UP!

サウジ汚職撲滅、銀行口座凍結へ!ドル円上値重く115円を抜けられず。米税制改革年内可決や北朝鮮問題解決あればリスクオンへ。

20171108ドル円日足チャート
7日のドル円は東京→ロンドンで買われ、114円台前半へ上昇。NY時間に入ると売りが優勢となり、113円台後半でクローズしました。ユーロドルは久しぶりの安値1.1553まで下落したものの、下げ足はゆっくりとなっています。

市場ではサウジアラビアの汚職取り締まりが、株価やドルの重しとなっています。最新の情報では、企業や個人の口座1200が凍結されたと報道されており、リスク回避要因とされています。

ドル円はもともとIMM円ショートが溜まっており、年内の米税制改革可決や北朝鮮問題の平和的解決が実現しないと、115円を上抜けてどんどん上昇する展開にはならないのかもしれません。米税制改革と北朝鮮問題に引き続き投資家の関心が集まりそうです。

アジア歴訪中のトランプ大統領は、8日午前中に韓国国会で演説を行い中国へ。今回のアジア歴訪のヤマ場と見られている米中首脳会談を迎えます。減少していない対中貿易赤字と北朝鮮問題について、どのような発言が出てくるか注目しましょう。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加