NEWS!
PICK UP!

【ヒロセ通商LION FX】あり得ない特別企画「スワップ金利115円※固定」をリアル口座で検証!30枚10年間で本当に1,200万円超の金利が貰えるのか?

20161020トルコリラ円週足チャート

運用開始から3か月が経過しました。10/20時点の累計スワップ金利は115,000円です。特別企画「スワップ金利115円※固定」が継続中のため、トルコリラ円レートが45円レベルで付与されるはずの金利が貰えています。10/17に予定通り10枚買い増しています。特別企画「スワップ金利115円※固定」が継続している間は、時間をかけて買い増しを続けます。特別企画が終了した場合には、そのまま10年ホールドします。長期スワップ運用では、「損益分岐点がいくら。」とか「何円まで下げても耐えられる。」といった考え方は禁物です。レバレッジをかけず、確実に長期保有する事が一番大切なのです。

2015年5月より固定スワップ
→トルコリラ円固定スワップ115円ヒロセ通商LION FX!
※2,000円キャッシュバックになるタイアップキャンペーン中。
※特別企画の固定スワップ115円は2017年1月18日で終了しました。

20161020トルコリラ円

トルコリラ円でスワップ運用10年後

いま日本では年金問題を筆頭に、社会保障制度に対する不安が高まっています。若い世代は年金を貰えない。現役世代も減額されたり、受給開始年齢を引き上げられたりなど、劣悪な環境になっています。こうなると昭和の時代のように「普通に働いて普通の暮らしを続ける」というのは難しいというのが誰の目にも明らかです。何らかの資産運用が必要な社会になったと言えるでしょう。投資は短期でも長期でも絶対はありません。リスクがあります。長期投資でも高い確率で将来の資産を増やせる方法を模索し、実践して行こうと思います。

まずはヒロセ通商が「あり得ない特別企画」を継続しているため、長期の運用を開始。ヒロセ通商は2015年5月に現在の固定スワップを開始しているのですが、その時のトルコリラ円レートは45-47円でした。通常は価格が下がれば日々のスワップ金利も下がります。スプレッドなら理解できますが、スワップ金利を固定してしまうのは、昔の常識からはとても考えられません。開始時の45-47円から現在の33-35円に下落した分のスワップ金利は、業者が被っている事になりますから、固定スワップを継続するのは大変です。そのうち止めるだろうと見ていましたが、クーデーターでもやってます。いつまでやるのか?

今回はZaiFXの企画も含め、本当に10年持ったら勝てるのか?リアル口座で検証しています。あり得ない事ですが、仮に10年間固定スワップ115円が提供された場合には、確実にスワップ金利が差損を上回る事になります。ただし、トルコリラが消滅(通貨ユーロに変更)したり、ヒロセ通商が倒産してしまえば終わりです。価格も下がっているでしょうし、決済しなければなりません。ポジションはブログでもZaiFXでも公開していきます。

2015年5月より固定スワップ
→トルコリラ円固定スワップ115円ヒロセ通商LION FX!
※2,000円キャッシュバックになるタイアップキャンペーン中。
※特別企画の固定スワップ115円は2017年1月18日で終了しました。

■取引ルール。
ルール1…余裕資金で運用、レバレッジは1倍。
ルール2…特別企画継続中は、ゆっくり買い増し。終了後はホールド。
ルール3…損益分岐点、安値のめど等を考えない。


※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加