NEWS!
  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

米バイデン政権-対中関税一部撤回か?9月以降は中間選挙へ向けた政策発動ありそう。ドル円135円後半底堅い。豪RBA金融政策の発表あり。

20220705ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

4日のNY市場は独立記念日のため休場。為替市場はリスクオンの円安。

米バイデン政権がインフレ対策として、対中関税一部撤回の可能性が報道され、リスクオンで反応しています。

支持率が低下する中、11月中間選挙へ向けた対策が、9月以降に出て来そうな雰囲気です。

例年8月相場ではリスク回避が意識されるものの、ジャクソンホール公演〜米中間選挙前後にかけては良いニュースも出て来そうです。

夏場〜秋口にかけ、インフレ鈍化の証拠が得られれば、米利上げペースの鈍化観測が高まりそうです。

本日はRBAが金融政策を発表します。中国では6月Caixinサービス部門PMIが発表されます。

ドル円は米金利が急低下したにも関わらず、135円台で高止まりしています。次の動きを待ちたいところです。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero