NEWS!
  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

ECBラガルド総裁「漸進的」に引き締め。ウクライナ情勢、米1月CPIに注目。ドル円115円付近、ユーロドル1.1440付近。

20220208ユーロドル日足チャート
(出所:外為オンライン

7日の米国株は小動き、NYダウ1ドル高(+0.00%)、ナスダック82ポイント安(-0.58%)でした。為替市場も小動き。

ECBラガルド総裁は、インフレ率が2%へ低下する可能性があるため、引き締めは「漸進的」に行うと発言しました。

結局、ドルもユーロも小動き。ドル円は115円付近、ユーロドルは1.1440付近で推移しています。

ウクライナ情勢は、米中間選挙へ向けて軍需産業に配慮したのか、NATO側が緊張を高めている様子。

国際紛争=資源か選挙絡みと考えられるため、緊張を高めるだけなのか、激化するのか読めません。

激化してしまうと資源価格が上昇し、リスク回避でユーロが急落しそうです。仮にユーロ急落なら買い場か?

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero