NEWS!
  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

米7月ミシガン大学消費者信頼感指数・速報値80.8→米インフレ懸念+デルタ変異株拡大が重し。22日(木)ECB金融政策・ラガルド総裁会見。

20210719豪ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

16日の米国株は下落、NYダウ299ドル安(-0.86%)、ナスダック115ポイント安(-0.80%)でした。為替市場は円高+ドル高。

米6月小売売上高は+0.6%(予想-0.4%)、除く自動車+1.3%(予想+0.4%)と、予想を上回りました。

米7月ミシガン大学消費者信頼感指数・速報値は80.8(予想86.5)と、予想を下回り5ヶ月ぶり低水準。

米国ではインフレ懸念が高まっており、FRBや市場の見通しよりも長期化しそうな展開。これを受けて早期テーパリング懸念が高まっています。

米インフレ懸念に加えて、デルタ変異株の拡大が相場の重しとなりました。為替市場ではポジション解消の動きが継続しています。

最新7/13時点IMM円ショート56,250枚、ユーロロング59,713枚へ、それぞれ減少しました。

今週は22日(木)ECB金融政策・ラガルド総裁会見を予定しています。引き続きポジションの解消→夏枯れ相場となりそうです。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero