NEWS!
  • 外為どっとコムが、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

FOMC・パウエルFRB議長テーパリング示唆せず→ドル安。NYダウ上昇しても良い場面も下落。ドル円108円後半、ユーロドル1.21前半。

20210429ポンド円日足チャート
(出所:外為オンライン

28日の米国株は下落、NYダウ164ドル安(-0.48%)、ナスダック39ポイント安(-0.28%)でした。為替市場はドル安。

パウエルFRB議長は、これまで通り「インフレは一時的」との見方を継続。

パンデミック下で金融緩和解除を示唆しないのは当たり前の話ですが、市場の反応は「ドル安+株安」でした。

「ドル安+株高」となっても良い場面だったものの、NYダウは34,000ドル前後で伸び悩んでいます。

FOMCを受け、ドル円は108円後半、ユーロドルは1.21前半で推移しています。

為替市場は「金利差拡大観測と金利」によって動いています。

日銀は最も大規模金融緩和からの出口が遠いと見られており、通常(平時)は円安、米国株が急落すると巻き戻して円高となります。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero