NEWS!
  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

エルドアン・ショックでトルコリラ大暴落!問題は中銀総裁ではなく大統領。FRB→補完的レバレッジ比率(SLR)の緩和措置を3月末で終了。

20210322トルコリラ円日足チャート
(出所:外為オンライン

19日の米国株はまちまち、NYダウ234ドル安(-0.71%)、ナスダック99ポイント高(+0.76%)でした。為替市場はドル高。

FRBは補完的レバレッジ比率(SLR)の緩和措置を予定通り3月末で終了することを発表。米国債売り観測から米金利が上昇→ドル高となりました。

トルコリラ円は、週足チャートが雲に突入し上昇トレンド入りした矢先、アーバル中銀総裁が解任され大暴落となりました。

昨年、甥のアルバイラク財務相の元で利下げをやり過ぎたため、通貨が崩壊寸前となった場面でアーバル前総裁が登場しました。

市場はエルドアン大統領が政策の間違いを認めたと判断し、トルコリラは上昇トレンドに入っていました。

その通貨安を食い止めていたアーバル前総裁を解任してしまうという暴挙に、週明けのトルコリラは大暴落となりました。

アーバル前総裁就任以降は、投機筋もトルコリラロングにしていた模様。今日のところは、ドル売り+リラ買い介入が入りそうです。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero