NEWS!
  • 外為どっとコムが、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

トランプ大統領→航空業界や個人への小切手など個別支援を主張、ペロシ下院議長→包括的な追加景気対策を主張。リスクオン相場は継続。

20201009豪ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

8日の米国株は上昇、NYダウ122ドル高(+0.43%)、ナスダック56ポイント高(+0.50%)でした。為替市場はドル安+円安。

米新規失業保険申請件数は84.0万件(予想82.0万件)、継続受給者数は1097.6万人(予想1140.0万人)でした。

NY市場では追加景気対策を巡る発言が材料視されました。トランプ大統領は、航空業界や個人への小切手など個別支援を主張。

一方、ペロシ下院議長は、包括的な追加景気対策を主張しており、溝が埋まっていません。

11/3に迫った米大統領選挙では、郵便投票の急増により集計しきれず、当日に結果が確定しないと思われます。

コンセンサスでは、共和党支持者は投票所で投票、民主党支持者は郵便投票が多くなると見られています。

開票に時間がかかることや、郵便投票のルールが州ごとに統一されていない事から、揉める要素が満載になっています。

序盤に共和党がどのくらいリードしているか?が一つの指針になると思われます。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero