NEWS!
  • 外為どっとコムが、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に!

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

アベノミクス終了でも金融緩和は変わらず。ナスダック・S&P500が最高値更新、ドルは急落。米重要指標-感染再拡大の影響見極め。

20200831ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

28日の米国株は上昇、NYダウ161ドル高(+0.57%)、ナスダック70ポイント高(+0.60%)でした。為替市場はドル安。

東京時間は安倍首相が辞任の意向を示し、株安+円高へ振れる場面がありました。NY市場への影響はなし。

これでアベノミクスは終了しますが、名称が変わるだけで金融緩和は継続されます。辞任の影響よりも米国株動向に左右されそうです。

世界的な金融緩和を脅かすのはコロナ後のインフレ懸念かと思われます。他では、予期せぬ地政学的リスクなど。

8月は一貫して上昇した米国株は、9月に新たな材料が出てくるか注目。10月は決算へ向けたファンド勢の利食いにより軟調な展開を予想。

今週は米重要指標が多数発表されます。感染再拡大の影響見を極める1週間となりそうです。

その他、南シナ海・台湾海峡での地政学的リスク、米大統領選挙関連に注目しています。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero