NEWS!
  • 外為どっとコムが、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に!

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

FRB期間平均で物価2%を目指す方針→市場予想通り。NYダウ160ドル高(+0.57%)マイクロソフトとウォルマートがTikTok共同買収へ。

20200828豪ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

27日の米国株は上昇、NYダウ160ドル高(+0.57%)、ナスダック39ポイント安(-0.34%)でした。為替市場は円安+ドル高。

パウエルFRB議長は公演で、期間平均で物価2%を目指す方針を発表。市場予想通りの内容で、ドル安+株高の材料ですがドル安での反応は一時的でした。

むしろ溜まっていたドル売りポジションが巻き戻し、一時的なドル安の後はドル買い戻しが優勢となりました。

その他、マイクロソフトとウォルマートがTikTok共同買収をすると発表。このニュースがNYダウの押し上げ要因となりました。

中国軍は南シナ海へ「東風21D」と「東風26B」ミサイルを発射したとの報道がありましたが、市場は地政学的リスクには反応薄でした。

豪ドル円が節目の77円を上抜け、ポンド円も節目の140円を上抜けました。

7/23ポンペオ米国務長官の演説から、8〜10月の3ヶ月間は、米中対立が市場テーマとなり、南シナ海・台湾海峡での地政学的リスクが高まると予想していましたが、今月は材料視されませんでした。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero