NEWS!
  • 外為どっとコムが、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

トランプ大統領-中国に対する即時制裁なし。香港への優遇措置撤廃を指示。通商交渉への言及もなし。為替はロンドンフィキシングで乱高下。

20200601ポンド円日足チャート
(出所:外為オンライン

29日の米国株はまちまち、NYダウ17ドル安(-0.07%)、ナスダック120ポイント高(+1.29%)でした。為替市場はユーロ高。

月末のロンドンフィキシングにより為替は乱高下しました。欧州新型コロナ復興基金案を受けてユーロが続伸。

市場の注目を集めていたトランプ大統領の会見では、香港国家案税法に対する即時制裁は出ず、香港への優遇措置撤廃を指示するに留まりました。

米中が第1段階合意済みの通商交渉への言及もなく、肩透かしとなりました。その他、WHOとの関係を断絶しています。

先週の金融市場では米中対立が唯一のリスク要因でした。それが肩透かしに終わったため、リスクオン方向へ高止まりして引けました。

今週は米重要指標から、経済活動停止を受けた底打ち感を確認する1週間となりそうです。例年6月、8月は円高に振れやすい時期になります。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero