NEWS!
  • 外為どっとコムが、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

米失業率16%か?8日(金)米4月雇用統計、米4月ISM非製造業景況指数、米4月ADP全国雇用者数、米中対立に注目。バフェットが航空株売却。

20200501ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

1日の米国株は下落、NYダウ622ドル安(-2.56%)、ナスダック284ポイント安(-3.20%)でした。為替市場はリスク回避の円高。

COVID-19感染拡大の責任問題を受け、米中関係が悪化するとの懸念が高まりました。4/30→5/1の「月代わり」で一旦方向が変わったとも考えられます。

今週は米4月ISM非製造業景況指数、米4月ADP全国雇用者数、米4月雇用統計が発表されます。米失業率は16%になるとの予想も出ています。

COVID-19に絡み、最も深刻な被害を受けたのは、米国・イタリア・スペイン・英国・フランス・ドイツ・ロシア・トルコ・ブラジルの9カ国。

この9カ国の感染者数は、当初流行した中国やイランを上回っています。経済活動再開と共に、中国への責任追及が強まりそうです。

トランプ政権は、中国に対して強く出過ぎれば株価が下落してしまいます。どこまで制裁や追及を行うのか注目しています。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero