NEWS!
  • 外為どっとコムが、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

米国株が過去最高値、クリスマス・ラリーとは「売り手不在」のこと。米11月中古住宅販売件数535万件→高くて買えないため。

20191220ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

19日の米国株は上昇、NYダウ137ドル高(+0.49%)、ナスダック59ポイント高(+0.67%)でした。為替市場は目立った動きなし。

米国株は売り手不在の中、最高値更新が継続。NYダウ3万ドル+ナスダック1万ポイントが視野に入って来ました。どこまで上昇して、どこで下落に転じるかはプロでもわかりません。

来年7〜8月にはNYダウ27,000ドルまで下げていると予想。価格ではなく時期を軸に投資戦略を立てています。

米11月中古住宅販売件数は535万件(予想544万件)、価格高騰に消費者がついてこれず販売件数が減少した模様。この価格高騰で売れないという現象は世界中で起きています。

住宅「価格」が高いことが好景気なのか?それとも住宅「販売件数」が伸びることが好景気なのか?判断が別れそうです。

投資戦略は米国株をドルコスト平均で売っていき、来年大きく調整するタイミングを待つ方針です。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero