NEWS!
  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.3銭固定に!

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.1銭固定に![時間限定]

  • YJFX![外貨ex]が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

VIX指数12.65へ低下!再び米株式市場安定、史上最高値目指す動き。ドル円108円後半。米中通商交渉の進展期待、景気減速底打ち観測。

20191028ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

先週末の米国株は上昇、NYダウ152ドル高(+0.57%)、ナスダック57ポイント高(+0.70%)でした。為替市場は小動きながらもドル円・クロス円が堅調。

VIX指数が12.65へ低下しており、史上最高値を視野に入れるS&P500には追い風。日経平均も日銀ETF買いの年間枠が2兆円弱残っており、これが追い風。当面は株式市場がじりじりと上昇する展開が予想されます。

今週はFOMC、日銀金融政策決定会合が開催されます。FOMCは0.25%の予防的利下げが濃厚。投資家の関心は次回以降の利下げスタンスとなりそうです。おそらく「適切に対応」というスタンスを示すでしょうが、市場が利下げ打ち止めと受け取るか注目。

ただし、FOMCが利下げ打ち止めとなっても、米中通商交渉の進展期待と合意なき離脱回避、世界景気減速の底打ち観測が下支えになりそうです。

日銀は追加緩和というよりも、イールドカーブのスティープ化を通じて、銀行支援を意図する政策調整があるかもしれません。マーケットよりも銀行支援の色が濃くなれば、 市場の反応は限定されるでしょう。

その他、米企業決算、米10月ISM製造業景況指数が発表されます。週末のISM製造業景況指数が景気減速の底打ち感を示唆し、株高で週末を迎えるシナリオを描く投資家が多くなると見ています。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero