NEWS!
  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.3銭固定に!

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.1銭固定に![時間限定]

  • YJFX![外貨ex]が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

米ドル買い+欧州通貨売り。IMMユーロショート68,559枚、ポンドショート86,124枚まで積み上がる。向こう2ヶ月で巻き戻す可能性高い。

20190927ポンドドル日足チャート
(出所:外為オンライン

26日の米国株は下落、NYダウ79ドル安(-0.30%)、ナスダック46ポイント安(-0.58%)でした。為替市場はドル高+ユーロ安、ポンド安でした。

最新9月17日時点の投機IMMユーロショートは68,559枚、ポンドショートは86,124枚と膨らんでおり、投機筋は限界まで積み上げる見通し。

投機筋による欧州通貨売りの「限界点見極め」が向こう2ヶ月間のテーマとなります。

現時点では景況感悪く緩和強化中のユーロ、ブレグジットが混沌としているポンドに買い目はありません。

ところが投機筋の売り余力が無くなると、欧州通貨が下がらなくなり、巻き戻しの段階に入ると不思議なくらい買い材料が出てくるものです。

ユーロについては、製造業を中心に景気底打ち感。ポンドについては、仮に最悪とされている合意なき離脱でも、実はそんなに悪くないんじゃないか?といった具合です。

今は投機筋がどこまでユーロ+ポンド売りを進められるか見極める時期です。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero