NEWS!
  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に![時間限定]

  • 外為どっとコムが、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定(例外あり)に!

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.3銭固定に!

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.3銭固定に!

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に!

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.3銭固定に![時間限定]

  • YJFX![外貨ex]が、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に!

PICK UP!

FOMC議事要旨→景気サイクル半ばの再調整、対中関税第4弾発表前で材料視されず。米ターゲット、ロウズが好決算。米住宅指標も予想上回る。

20190822ポンドドル日足チャート
(出所:外為オンライン

21日の米国株は上昇、NYダウ240ドル高(+0.93%)、ナスダック71ポイント高(+0.90%)でした。

米小売大手ターゲットやロウズが決算発表を受け大幅高、米7月中古住宅販売件数も542万件(予想539万件)と予想を上回りました。

FOMC議事要旨は対中関税第4弾発表前のものであり、参考にならないと市場に受け止められました。

7月FOMCでは0.25%の予防的利下げに踏み切り、景気サイクル半ばの再調整(長期的な利下げサイクルの入り口ではない)としていました。

その後、対中関税第4弾が発表され株式市場が混乱しました。これによりFOMCメンバーの見方も変化しているのでは?と推測されています。

為替市場はドルが買われたものの、前日比で大きく動いた主要通貨はありません。膠着状態が継続しています。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero