NEWS!
PICK UP!

大きな動きなく日米首脳会談・FOMC結果待ち。米中貿易摩擦やローゼンスタイン司法副長官辞任など。出涸らしのテーマばかりのマーケット。

20180925ドル円週足チャート
24日は東京・上海市場が休場、NYダウ181ドル安(-0.68%)、ナスダック6ポイント高(+0.08%)でした。米中貿易摩擦やローゼンスタイン司法副長官辞任などが材料視されたものの、目新しい材料はなく出涸らしのテーマばかりでした。為替市場は大きな動きは無かったもののドル円は堅調、ユーロドルは1.175前後で行ったり来たりとなっています。

本日は延期になった第2回日米通商協議が開かれます。為替はFOMC結果と値動き、利上げを通過して投機筋が利食いに動くかに注目しています。新たなテーマやリスク要因が出てくるとすれば10月になりそうです。それまではダラダラとした値動きと、日米株価・ドル円の高止まりが続きそうです。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero