NEWS!
PICK UP!

米8月消費者信頼感指数133.4→約18年ぶり高水準!ドルは新興国通貨に対して高止まり。ドル円・ユーロドル小動き。まだ休暇モードか?

20180829ドル円日足チャート
28日は北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉での米とメキシコとの合意と、米8月消費者信頼感指数が133.4(予想126.8)と約18年ぶり高水準に達した事が材料になりました。NAFTA再交渉でメキシコと暫定合意した事は、前日のニュースで目新しさは無し。米8月消費者信頼感指数が、ポジティブサイプライズとなった以外、何もない1日でした。

NYダウは14ドル高(+0.06%)、ナスダックは12ポイント高(+0.15%)と小幅続伸しました。ドル円・ユーロドルは大きな動き無し。新興国通貨に対するドルは高止まりしています。

市場はまだ夏季休暇モードから抜けきっておらず、活発な動きが出てくるのを待つ段階です。9月10月は米中間選挙へ向けて多くの材料が出そうですし、それに合わせて相場が良く動く事に期待したいところです。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero