NEWS!
PICK UP!

米中貿易摩擦でボーイングやキャタピラー売られる!ただし、リスク回避圧力それほど強まっていない。上海総合指数3,000ポイント割り込む。

20180620ユーロドル時間足チャート
19日は米中貿易戦争激化懸念を受け、上海総合指数や豪ドルが急落しました。NYダウは一時419ドル大幅安となる場面があったものの、その後は下げ渋りました。結局、NYダウは287ドル安(-1.15%)6日続落、ナスダックは21ポイント安(-0.28%)でした。中国関連でボーイングやキャタピラーが大きく下げています。

それでもリスク回避一辺倒という値動きでもなく、クロス円もユーロも底値からそれなりに戻しており、今後どちらへ動くか難しい展開になっています。トレードではポンド円ショートが利益になりました。その他、ユーロドルを戻り売りしていましたが、昨日ロンドン→NY時間と2回1.15下抜けに失敗したため、念のためポジションを閉じました。

為替市場はもともとポジションの傾きが少なく、NYダウも6日続落とはいえ、その前の上昇を考えると「横這い」に見えます。リスクオンもリスクオフも、一方的にはなりにくい相場環境かと思います。上手く逆張りで入って利食える時に利食うのが良さそうです。

今晩はECBフォーラムにてパウエルFRB議長、ドラギECB総裁、黒田BOJ総裁、ロウRBA総裁がパネルディスカッションをする予定になっています。それぞれの発言を受けてユーロドル中心に動きがありそうです。ただし、予想するのは困難なため、チャンスにはならないでしょう。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero