NEWS!
PICK UP!

米利上げ年内あと2回、新興国通貨安が加速!アルゼンチン・ペソ最安値更新、中銀総裁辞任へ。トルコ大統領選、OPEC総会などに注目!

20180618ユーロドル日足チャート
今週6/18-22は、先週発表されたFRB、ECB、日銀の金融政策結果を消化する1週間となりそうです。FRBが年内あと2回の利上げを示唆し、アルゼンチン・ペソ安やトルコ・リラ安が再燃しています。アルゼンチン・ペソは1ドル28ペソを突破し、史上最安値を更新しました。ストゥルゼネゲル中央銀行総裁が辞任、後任にはカプト金融相が指名されIMFの融資を使って、為替介入の構えを見せています。

トルコでは24日に大統領選挙が予定されています。エルドアン大統領再選なら、週明けのトルコ・リラが売り込まれるかもしれません。また、大統領選への思惑や警戒感から、今週中にも売りが加速する可能性があります。トルコ当局も通貨防衛に動いており、半年くらい危機が続けば対応が効いてくると予想しています。2019年以降はトルコ・リラの下落が止まり、横這いになっていくでしょう。

その他、22日(金)OPEC総会にも注目が集まっています。21日(木)はBOEが金融政策を発表します。主要通貨ペアではユーロドル相場に注目。14日の大陰線から1.15割れに向かうか、1.18を回復するか、イベントは通過しているため、大きく環境は変わらないはずです。単純に値動きから地合いを探れば良さそうです。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero