NEWS!
PICK UP!

ポンド軟調、BOE5月利上げに不透明感!カーニーBOE総裁「他に複数の会合ある」英経済指標冴えない。

20180420ユーロドル日足チャート
19日はカーニーBOE総裁の発言を受け、ポンドが軟調に推移しました。ポンドは5/10の会合で利上げが見込まれており、加えて買収の玉などが出たことから、直近は強い動きをしていました。

ところが今週発表された英3月消費者物価指数、英3月小売売上高は予想を下回る結果。経済指標の弱さと、5月利上げに的を絞られたくないカーニー総裁の思惑が重なり、ポンドは下落しています。

ドル円は107円台前半~半ば、ユーロドルは1.23台で小動きが続いています。ドル相場は米10年債利回りが2.9%台に乗せてきている事もあり、やや強含みで推移。

国内では3月CPIが発表されました。日3月全国消費者物価指数・総合+1.1%(予想+1.1%、前回+1.5%)、生鮮食品を除く総合+0.9%(予想+0.9%、前回+1.0%)、生鮮食品及びエネルギーを除く総合+0.5%(前回+0.5%)でした。

前回から下落したものの、おおむね横ばいで推移しています。本邦CPIに関しては、コアが1%台でも日銀がテーパリングを始めるという見方が、海外勢の一部で出ています。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero