NEWS!
PICK UP!

為替市場は21日(水)夜中FOMCに注目!G20貿易戦争と仮想通貨規制、森友学園問題、米政治リスクが材料。

20183019ユーロドル日足チャート
先週末のNYダウは72ドル高。三角持ち合いが煮詰まって、日々の値幅が狭くなりつつあります。ドル円は方向感・値幅ともになく106円付近でクローズ、ユーロドルは下落しています。

最新3/13付けIMMユーロロングが146,380枚まで膨らんでおり、ユーロは上昇しにくい環境です。FOMCに向けもう一段の調整が入るかもしれません。

今週はブエノスアイレスG20(19-20日)が開催されます。貿易戦争や仮想通貨規制が議題となりそうです。国内では森友学園問題、米国では秋の中間選挙へ向け、様々なニュースが出てきそうです。

為替市場では21日(水)夜中FOMCに注目。0.25%の利上げは織り込み済み。ドットチャートとパウエルFRB議長の発言に注目が集まりそうです。いずれもタカ派かハト派かを見極めることになります。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero