NEWS!
PICK UP!

ECBフォワードガイダンス変更に慎重姿勢。ユーロ高を牽制しながらの政策運営へ。本邦1月全国消費者物価指数など。

20180223ユーロドル日足チャート
22日のNY市場では、ブラードセントルイス地区連銀総裁から「年内120bpの利上げは想定せず」との発言があり、FOMC議事録(1/30-31分)を受けて急騰していた米金利を落ち着かせる材料になりました。

また、ECBは議事録でフォワードガイダンス変更に慎重な姿勢を見せており、ユーロ高を牽制しながらの政策運営となりそうです。ドル相場は2/16(金)に安値をつけて反発、昨日は売り直されました。

ドル円は再び106円台、ユーロドルは1.23台前半で推移しています。

本邦1月全国消費者物価指数が発表されました。総合は前年比+1.4%(前月+1.0%)、生鮮食品を除く総合は+0.9%(前月+0.9%)、生鮮食品及びエネルギーを除く総合は+0.4%(前月+0.3%)でした。

生鮮食品とエネルギー価格の上昇が、総合指数を押し上げています。ただし、コアコアCPIも緩やかならが上昇傾向。日銀の金融政策は、まだまだ「現状維持」が続きそうです。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero