NEWS!
PICK UP!

米政府機関閉鎖、独社会民主党(SPD)が連立交渉入り。米10年債利回りトランプラリー直後の高値をしっかり上抜け。

20180122ドル円日足チャート
週末は米政府機関閉鎖懸念→閉鎖を受け、小幅リスク回避の円高+ドル安となりました。独社会民主党(SPD)が連立交渉入りを決定し、こちらはユーロ買い材料となりました。

米10年債利回りは2.6%台後半まで上昇しており、トランプラリー直後の高値をしっかりと上抜けています。米長期金利の上昇にドルがついていけない展開は続いており、米長期金利上昇+米ドル軟調という過去の相関から見れば、奇妙な動きになっています。

今週は23日に日銀金融政策決定会合、25日にECB理事会が開催されます。特にECB理事会の注目度は高く、当日はユーロが荒れた値動きになるでしょう。その他、欧米で発表される重要指標に注目しておきます。

北朝鮮問題に関しては、軍事衝突あるなら4月か5月と予想しています。夏場を過ぎると米中間選挙が近づいて来るため、万一先制攻撃があるとしたら4月や5月ではないでしょうか。

可能性は低いのかもしれませんが、もしもの時には大変な相場変動に見舞われるため、春から夏にかけては、一応警戒しておきます。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero