NEWS!
PICK UP!

明日、米アップル決算に注目集まる!米7月ISM製造業景況指数~重要指標が目白押し。ドル安主導でドル円110円台前半。

20170801ドル円日足チャート
31日のドル円は下落。110円台前半で推移しています。今年7カ月は「ドル安」となり、ドルインデックスは92ポイント台まで下落しています。

トランプ政権は重要な政策すべてに失敗している印象ですが、為替だけは望んでいたドル安方向へ動く結果となりました。皮肉にも失策に次ぐ失策が、ドル安を後押ししています。

企業業績も好調で、ダウは史上最高値更新を続け、ナスダックは利食い売りが交錯し、やや高値波乱のなか注目のアップル決算を迎えます。

日経平均は過去2か月ボラティリティが潰れており、前日比1.0%以下の値動きが続いています。世界的なボラティリティ低下と、日銀の過剰ETF買いが要因。この状態が長引くと証券業界から悲鳴が上がって来そうです。

今晩は米7月ISM製造業景況指数を筆頭に重要指標が多く発表されます。明日早朝には米アップルが決算を発表する予定になっており市場の注目を集めています。

売り手は材料に乏しくなる来週以降に出番があるかもしれません。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加