NEWS!
PICK UP!

アップル、エヌビディアなど米ハイテク企業の決算に関心集まる!夏枯れか?大波乱か?IMM円ショート12万枚超の高水準。

20170731ドル円日足チャート
先週末のドル円は110円台後半へ下落、ユーロドルは堅調で1.17台半ば、ドルインデックスは93ポイント前半まで下落しています。7月は米株高+米ドル安という相場でした。

6月末から囃された円キャリー取引によって、最新のIMM円ショートは12万枚超まで膨らんでいます。

今週は米アップルが決算を発表する予定になっており、投資家の関心を集めています。その他、エヌビディアなど米半導体大手の決算が続いていきます。

米企業決算はここまで好調で、この先も波乱が無ければ夏枯れ相場となりそうです。予定されている材料に乏しくなる中、一昨年のチャイナショックのようなリスク要因が浮上するかどうかがポイントになりそうです。

何かが起きればリスク回避の円買い、何も起きなければ9月の主要国金融政策へ徐々に関心が向かいそうです。材料に乏しくなる米7月雇用統計(8/4)以降~お盆休み中の一時的な波乱に期待。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加