NEWS!
PICK UP!

英CPI予想下回りポンド急反落!オバマケア代替法案また暗礁に乗り上げ→ドル円112円割れ。休会前に何とかなるのか?

20170719ドル円日足チャート
18日は東京時間10:30に発表されたRBA議事録を受け豪ドルが大幅上昇。一方、17:30に発表された英6月消費者物価指数は+2.6%(予想+2.9%)と、市場予想や前月を下回りポンドが急反落しています。

NY市場では、ネットフリックスが決算を発表→株価は大幅高となりました。これによりナスダック、S&P500は上昇。また暗礁に乗り上げたオバマケア代替法案や、ゴールドマンサックス決算を受け、ダウは下落しています。

ドル円は、ドル安の流れが止まらず、111円台後半まで下落しています。本日は21:30に米6月住宅着工件数、米6月建設許可件数が発表されます。米企業決算は、モルガンスタンレー、アルコア、アメックスが決算を発表する予定です。

オバマケア代替法案が8月休会前に可決できるのか、秋以降に先送りとなるかにも注目が集まっています。113円台で売っていたドル円は、111円台で一旦利食いました。ポジションや投資戦略はメルマガで公開(5年目)しています。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加