NEWS!
PICK UP!

金融市場まったく動意なし!ドル円週間の値幅が今年最低。原油安、オバマケア、ストレステストが材料視されたが・・・。

20170623ドル円週足チャート
22日のNYダウは12ドル安、ナスダックは2ポイント高と小動きでした。今週はもともと注目材料のない1週間でしたが、月曜に株価が上昇した事、原油価格が下げた事以外には、何もありませんでした。ドル円は週間の値幅が約1円となっており、今のところ今年最低で推移しています。

順張りが得意の短期筋(ヘッジファンド)は、やられっぱなしでしょう。こういった相場環境(ボラティリティが最低)では、あまり積極的に売買しないのが一番良い選択かと思います。2017年前半は、順張りをするとやられやすい、明確なトレンドや方向感のない相場だったと言えそうです。

今年前半で気になった事は、ドル円が108円前半に下げる過程で、生保等が外債のヘッジを外していたという話題です。ヘッジコストを考えての対応かと思いますが、外債がオープンになり過ぎているのは明らかです。平時の相場であれば108円を割ることは無さそうですし、何の問題もありませんが、有事の際(極端なリスク回避)には、慌ててヘッジする必要に迫られるはずです。

ドル円は極端なリスク回避が起きると、投資家がイメージしている105円では止まらずに、一気に100円というイメージも持っておきたいと思います。何も起きない場合には、単純に日米金利差や米独金利差でやるだけの相場。9月にも実施される可能性があるバランスシート縮小観測に対して、8月後半あたりから動きが出てくるのか注目しておきます。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加