NEWS!
PICK UP!

米9月消費者信頼感指数18年ぶり高水準。米国株はFOMC結果待ちで小動き。ドル円・クロス円非常に強い。今晩FOMC結果とドル相場に注目。

20180926ドル円日足チャート
25日の米国株は小動き+まちまち。NYダウ69ドル安(-0.26%)、ナスダック14ポイント安(-0.18%)でした。コンファレンスボードが発表した米9月消費者信頼感指数は、138.4(予想132.0)と18年ぶり高水準に達しています。米国の経済指標は強い状態が続いていますが、消費者心理を表す指標が特に強い印象。

ドル円は8月後半から上昇し始めた米10年債利回りに連動、小幅ながら非常に強い値動きが続いています。株価以上に日米金利差が材料になっていると考えられ、FOMC結果と今後の米10年債利回りの動きには注目です。

ユーロ円・ポンド円も円安方向へ動きました。ポンドは溜まったショートの巻き戻しと、表面化しているリスク要因が皆無であることが、地合いの良さに繋がっています。

目先は株式市場が強く死角もありません。FOMCが予想以上のタカ派姿勢でドル高+米株安が起きたとしても、極端にネガティブに捉えられることは無さそうです。10月に新たなリスク要因が浮上するかどうかですね。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero