NEWS!
PICK UP!
       
最新記事 為替&株式・動画解説

(独)12月失業率、(米)12月ADP全国雇用者数に注目、欧州勢は今日も仕掛けてくるのか?続く乱高下相場。

12:44
こんにちは、7日の日経平均株価午前の終値は182円高の9,263円でクローズしています。前日の高値と安値を確認しておきますドル円は94.64-92.82、NY時間が94.64-93.61でした。NY時間の93.61はすでに一度下抜けし93.18-94.11がここまでのレンジになっています。7日の経済指標では(独)12月失業率、(米)12月ADP全国雇用者数に注目しておきます。デイトレはロンドン時間~NYの午前中にチャートを見ながらチャンスがあればという感じです。月・火で2連勝していますので無理はせず新しい目先のサポート・レジスタンスを見極めたいと思います、他ではいつもどおりドル円スキャルピングで。
【ドル円】
前日:94.64-92.82
NY時間:94.64-93.61
【ユーロドル】
前日:1.3311-1.3655
NY時間:1.3317-1.3533

14:18
現状ドル円よりもユーロドルのほうがチャートのポイントがはっきり見えますね、1.3550の6日のサポートですが、まずはこれを上抜けてこないと現在のドル買いトレンドは変化なさそうです。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

不景気の株高、6日続伸の日経平均マーケットからは異常な状態の声、何が起きているのか?外為オンラインは1銭固定に戻る。

9:08
おはようございます、6日のNYダウは 9,015.10 +62.21 +0.69% と9,000ドル台を回復、日経平均株価も6日続伸と株価は上げっぱなしの状態でマーケットからは「考えられない」という声もちらほら、クロス円もおおむね円安でまるで好景気、いったい何が起きているのか?マーケットでは意外とこのような実態経済無視の「逆行高」はよくあります。サブプライムローンショックの引き金「BNPパリバショック」が起きた後もダウは史上最高値を更新しました。トレーダーは「行きたくないけど上がるから行くしかない」という状況で、どんどん買われ、上がっている最大の理由は「上がるから」です。こういったときにマーケットで何が起きているのかは、冷静にみると実は「乱高下」なんですね、ドル円も数時間前までは94.65まで大幅に上げて今朝は93.18まで下落してみたりとテーマになっていないドル円相場でも簡単に100pips以上振れる展開でユーロドルやポンドドル、ユーロポンドなどは毎日300~500pipsくらいの値幅があたりまえの状態になっています。ファンダメンタルと完全に逆行するトレンドは続きませんし、買える通貨もないですから、これからも乱高下を予想しています、本日はドル円とユーロドルは月曜・火曜でかなり動きましたので一旦新しいレンジを作りに来るころかと思います。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

(ユーロ圏)消費者物価指数・速報値+1.6%予想より鈍化しユーロ売り加速、ドル円一時94円台、ユーロドル1.3370。

19:27
こんばんは、6日のロンドン時間は「またドル買い」ドル円は94円を視野に入れています。ユーロドルが下げ止まらないことにはドル円は反転しそうにないですね、一気に95円台まで行くのか?ドル買いがかなり溜まってきていますが、今週末9日には米雇用統計を控えていますのでまた激しい相場になりそうです、ポジションはドル円93.71で5Lotショートにしています、94円台は中途半端なので見送り、95円台でショート売り増しとしてみます。19:00(ユーロ圏)消費者物価指数・速報値は+1.6%で予想より鈍化し「利下げ観測」の高まりからユーロ売りが加速しました。今晩は(米)12月ISM非製造業景況指数がありますが、あまり材料視されないと考えています。

7日8:07
外為オンラインのスプレッドが1銭固定に戻りましたね、昨日のドル円93.71ショート→93.35で利益確定しておきます、差益+18,000円(+36pips)スワップ-40円、まぁ18,000円勝ってもしょうがないのですが、一旦仕切り直すということで。
USDJPY20090107外為オンライン管理画面
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

(欧)12月消費者物価指数・速報 、(米)12月ISM非製造業景況指数に注目、6日欧米時間の外国為替市場重要指標の解説。

11:56
こんにちは、6日の欧米時間は19:00にユーロ圏12月消費者物価指数・速報が発表になります、市場予想は+1.8%でこれ以下の結果になると15日に向けたECB利下げ観測が浮上しユーロ売りにつながる可能性があり注目しています、6日のユーロドルここまでの動きは1.3550-1.3650のレンジで様子見ムードになっています、昨日ショートにしたユーロをカバーしてない雰囲気ですね、おそらく19:00のユーロ圏CPIを待っての判断になるのではないでしょうか?ユーロドルは時間足の8:00-9:00が非常に嫌な足型でこの時間はまだユーロの上値は重そうです、欧州勢が入ってきてどうかですが、今日も指標の結果や要人発言次第ではユーロドル動くかもしれませんね、もう一段崩れた場合の目安は1.3250-1.33レベルかと思います。NY時間は、米12月ISM非製造業景況指数ですが悪くて当然の雰囲気で影響は少ないと予想しています。

18:10
今日も欧州勢のドル買いが強力でしたね、そろそろドル売りでドル円とユーロドル仕込んでみます。レートはドル円93.71で5Lotショート、ユーロドル1.3433で5Lotロングです、ドル円は95円台前半で売り増しを、ユーロドルは1.325あたりで買い増しを考えています。

18:30
すいませんユーロドルのロングはまだリスクが高いのでやめておきます→1.3450で利益確定しておきました。ドル円はしばらく放置します。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

中東情勢悪化にWTI原油48.81ドルへ上昇、カナダ・オセアニアなど資源国通貨強い、オバマ次期政権への期待でドル買い。

8:46
おはようございます、5日の外国為替市場ではオバマ新政権への期待感でドル買い、中東情勢の悪化による原油価格の上昇から資源国通貨(カナダ・オセアニア)買い、ユーロ売りとなっています。ドル円相場は93.59まで上昇「大分いいレベルまで来た」という感じです、95円を狙うほどの勢いはないかと思います、あげても93円台後半では売りが強まりそうです、同時にユーロドルも1.35レベルで底堅さが出てきそうですね。年明けは2日にドル円91.0のレジスタンス、5日にユーロドル1.38のサポートと注目していた大きめのストップを両方こなしましたのでしばらくは新しいチャートポイントができるのを待つ展開かと思います、本日はスキャルピング中心で目先のストップが溜まれば軽く取って行きたいと思います。

10:10
この時間はユーロの頭が重い感じですね、ユーロドルは1.3550-1.3650のレンジに入っていますが、値ごろ感からはユーロ買いをしないようにと考えています。欧州要人からちらほら利下げ観測も出ていますので…。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero
NEWS!