NEWS!
PICK UP!
       
最新記事 為替&株式・動画解説

今週・来週のドル円相場、デイリーチャート、時間足の解説。ドル円方向感は下も感謝祭を睨んだ変則的な展開へ。

20081121D 20081121O
13:45
こんにちは、まず今週のドル円相場ですが1時間足からみておきたいと思います。チャートはあまり難しく考えても意味がありませんのでシンプルに、まず今週は96円をポイントに上でやるか下でやるかになっていた相場です、月曜以降も96円から上は頭が重そうで再度下方向へ攻める展開が継続しそうです。デイリーチャートでは100.56をつけたころからレジスタンを引いておりますがこれを上抜けるまでは90円台へ向かって上値を切り下げながら下落してくと思われます。ただし、来週27日は米国が感謝祭でこのあとクリスマス休暇に入ることから大きなポジションを整理に入る可能性があり、今年の場合ショートを閉じる動きが出る可能性があります。いずれにしても来週は木曜に米国休場ということを睨んでトレードする必要がありそうですね。

今週大きく下落した木曜日は米労働省が発表した「新規失業保険週間申請件数」が54万件と非常に悪い結果になったことがきっかけになりましたが、相場を動かす要因で重要なのは「需給」ですから、悪いのはわかっていてサプライズだが「こんなに売られるのか?」と感じた方も多いと思います、同様に金曜日最後のダウ急上昇なども、元々ガイトナー総裁は次期米財務長官候補の本命でサプライズでも何でもないハズです、それでも急激に相場が動くのは「タイミング」によるものだと考えています、為替市場はこの2週水曜~木曜に大きく売り込まれて大相場になっていますが、2週前は火曜が米国ベテランズデー休場で月・火まったくうごかず、休場明けに欧米勢が一斉に売りこんだことから大相場になっています、今週も月・火まったくうごかずというところに木曜になって「待っていた悪材料がでたので大きく反応した」ということだと考えています。つまり、トレーダーにとっては材料の重要度などは意外と「どうでもいいもの」で、動かない時期が続いてシビレを切らしているところにきっかけが与えられると大きく動きます。金曜の次期米財務長官ネタも同様で、引け際に「今日はどっちだ?」と構えているタイミングでニュースが出たので「どちらかと言えば買い戻し」の材料ということで一方向に行くのであれば「買い戻し」となるのだと思います、こういったマーケットのポジションの傾きなどを考えながらトレードしていきたいと思います。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

米財務長官ティモシーガイトナーNY連銀総裁指名にダウ上げ幅拡大494ドル高!シティグループ株は3ドル台へ下落、21日NY市場ドル円5分チャート解説。

20081121N
7:36
おはようございます、21日のNY時間ドル円相場はダウ先物が一時300ドル近く上昇を受け上昇してスタート。シティのバンディットCEOが「ビジネスモデルを変更する方針はなく、投資銀行スミスバーニーを売却もしない」と伝わるとシティ株が売られ一時24%安の3.58ドルまで下落、NY時間午後に入るとオバマ次期政権の新米財務長官に現ニューヨーク連銀総裁ティモシーガイトナー総裁を起用すると報道されダウは一気に上げ幅を拡大し 8,046.42 +494.13 +6.54% でクローズしています、47歳同士の若いコンビで頑張ってほしいですね。実際引退組よりもブッシュ政権下でポールソン財務長官、コックスSEC委員長と共にサブプライム問題に対応してきているので事情がわかる人選で良さそうですね。

21日のドル円5分チャート解説ですが、1日中ショートカバー一色で東京時間ではNYダウの引け際の急落に対して93.61まで。最近の傾向でダウが急落するとNY勢のショートカバーの後に東京株式市場が開く直前8:45あたりに下押しがあります、日経平均が寄り付きから下げ幅を広げる展開でクロス円が売られないのは年金の買いが継続しているためそれに合わせて買ってくる筋もいるからかと思われます、仲値もあります。21日も8:40-45に93.61をつけダブルボトムで反転、ショートカバーと年金の買いが継続し95.47まで上昇、NY時間は下に94.72まででダウに合わせて上昇95.96まで上昇しています。21日に関してはひたすらショートカバーのみだったと思います、株も同様でNY引け際には「今日はどっちだ?」とトレーダーが構えているところにガイトナー総裁などの人事案がでて好感される展開、上げ始めれば毎日のように一方的となりました。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

週末リスク回避からドル円・クロス円ショートカバー優勢、ダウ先物300ドル高、来週以降のドル円・クロス円相場予想。

20081121D
18:32
こんばんは、金曜日恒例のショートカバーでドル円・クロス円は東京時間午後から上昇しています。来週以降の予測を立てるために現時点でのデイリーチャートを見ておきたいと思います。まず先週・今週と水木に売り込まれ金曜にはショートカバーで戻しています。月火は静かな展開が続きました。ポールソン財務長官が米国日曜の夜、アジア市場オープン前に金融政策を発表しだした頃からこの傾向になっています。リーマンショックなども週末に起きていますから「週末リスクを取らない」という傾向が強いですね。今後のドル円相場ですが、90円台を目標にして「何度も戻り売り」が継続すると予想しています、ただし90円を割れない程度にショートカバーを入れ戻れば「戻り売り」という状況が続くと思います。デイトレ戦略ですが、当面92円台とか91円台は買って持っていればなんとかなりそうなレベルで、ロット数を5Lot10Lotなどに下げて1週間くらい持てるようにトレードしたいと思います。昨日はたまたま95円台と94円台をロングにして96円台まで跳ねたので利益確定できましたが、1日待って今日でも95.40までショートカバー来てますので負けずに済んだと思います。21日はダウ引けの急落で順張りショートを少し取りましたが、新規失業保険件数からショートにしていたトレーダーの一部は96円台までのショートカバーで負けている人もいると思います。つまりボラティリティが高いのである程度様子をみれるくらいのロット数に下げないとなかなか勝てない展開です、「持っていれば勝てた」とならないようにしたいですね。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

日経下げ渋り170円安、ドル円上値重く94.33超えられず、日銀金融政策への期待か?ビッグ3会長は自家用ジェットで支援要請。

11:13
こんにちは、21日午前の日経平均は下げ渋り170円安の7532円で前場を終えています。底堅いですね、さすがに4日続落の影響か、それとも日銀金融政策への期待か、年金筋の買いか、しずれにせよ下げ止まっています。中途半端に下げ止まるよりは一度突っ込んだほうが底打ち反転するだけに皮肉なものです。連日ビッグ3の話題がマーケットの中心になっていますが、ビッグ3会長達は公聴会に自家用ジェットで駆けつけ「支援しないと大変なことになるよ」と強気。この態度が議会や国民感情を逆なでしているとか、いっそ期間従業員を公聴会に出したほうが効果ありそうですね、経営陣は退任で。現状、米国ではまともな経済環境が壊れていて、年末に向け思わぬ大企業の破綻が起きそうな展開、そうなれば円高+株安の加速で一番しんどいのは日本。「欧米よりまし」が流行しているが、意外とフランスを筆頭に欧州は頑張っていて個人的には「日本よりまし」だと思っています。ドル円はレジスタンスの94.35を今ブレイクしそうな感じです、日経午後と欧州株に注目をしておきます。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

NYダウ大暴落!ビッグ3問題報道にレビン米上院議員「超党派で合意」にドル円96.22→「来月に採決を延期」に93.59へ91円を目指す展開へ!

USDJPY20081120SW
6:55
おはようございます、20日のNY時間は大荒れでした。トレードはひとつ前の記事でリアルタイム更新をしています、2:30にレビン米上院議員「米上院の一部議員、自動車業界救済で党派を超えて合意した」コメントで96.22まで強烈なショートカバーでダウも140ドル上げくらいまで行きました、ここで94円台で追加した分も売り切れました。その後は自動車産業の救済が来月に「延期」というサプライズ、レビン米上院議員のコメントが米CNBCで流れた時には今議会での話かと思いきや、年内持たないビッグ3相手に「延期」となって暴落に転じました、激しい相場でした。ここで逆張りは不可能でショートで少しついて行きましたが意外と少ししか取れず、日経の再暴落でドル円は90.82を再度目指す展開か、ユーロは113.58、豪ドル54.96が目先の目標になるかと思います、日経は10/27の7162円が目処、ザラ場では7000円割れで20日のCME先物は7200-7300円レベル。ドル円は「91円ちょうどレベルでは思い切ってロング→90円割れは一度投げ」と考えています、世界経済終りの日か。ただし、内容は自動車産業救済「妥協案合意」の延期ですから時間的に目処が立てば相場は落ち着くと思いますね。

9:14
日経は102円安で寄り付き、166円安まで下げ幅を拡大しています、ドル円は94円を挟んで揉み合い。

9:17
東京時間のデイトレは様子見、今日もNY時間勝負で行きます。欧州は昨日のGM先送り問題を完全に折り込んでおらず、日本では何も出なそうな日銀金融政策決定会合が行われています、白川総裁会見までを見ないことには動けません。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero
NEWS!