NEWS!
PICK UP!
Topic!

日経平均27日も暴落-486円!G7共同声明も空振りかバブル後安値を大きく更新、東京時間ドル円5分チャート解説。

20081027T
15:15
こんにちは、結局日経平均は午後に切り返せませんでしたね、ソニーショック以降は世界の株価下落を主導しているのは日本ではないかと思うほどです。27日東京時間ドル円5分チャート解説です、朝方は7時オープンの証拠金業者では「窓を開けての円高」スタート、91.85まで下落後ショートカバーとG7共同声明などを受けて94.47まで上昇、東証のオープンと同時9時に93.50を上抜けた後は4時間にわたり93.50の上でやっていました、本邦対策とG7共同声明でロングにしていた目先のストップは93.50と予想、これを大きく割り込んでからの1回目の戻り93.40、93.45、93.50にショートで3ショット指値をいれましたが、93.40しか売れず→93.20で利益確定+20pipsでした。もう少し勝ちたかったですね、外為オンラインでは93.44まで戻ったのですが93.45が売れませんでした、これが売れていれば45pipsでしたから残念です。朝方の窓埋めから94.50を背にして13:30以降94円台ショートにしても良かったのかもしれませんね、94.15-20あたりの時に「ここで売れば勝てるんだろうな」と漠然とは思いましたが、しばらくは得意なパターンで拾い続けたいと考えています、今回ポイントになったのは目先ですが「しっかりとストップをつけてから」の戻りを売っているところです、93.50を割り込んだ足が一番長い陰線になっています、これがストップをつけた根拠です、これを確認してから戻り売りが非常に確率が高いデイトレだと思います。本日は18:00(独)10月IFO景況指数、23:00(米)9月新築住宅販売件数が経済指標ですが、欧米株価と各国当局の対応策に注目したいと思います。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

円高窓あけスタート必至92円台!週末ショートカバーをまずは売りなおしか、日経平均もバブル後最安値更新、くりっく365で新通貨取扱い開始。

20081027i
6:50
おはようございます、27日の取引はおおむね7時からと思われますがシドニー時間で5:50~円買いが始まりドル円は6:45現在92円台に突入しています。週末にショートカバーした分の「売りなおし」となっています。27日の日経平均株価は予想ではバブル後最安値を更新してのスタート7400~7500円台にズルズルと下落してのスタートかと思われます、仲値から切り返すかですね。マーケットが各国の金融安定化策をどう受け取るかに注目の1日となりそうです。掲載した画面は今日から新通貨とクロスカレンシーを取り扱うクリック365の画面です、ランド円のスプレッド&スワップが気になるところですが、まだレートは来ていませんね、でも注文は可能とのことで「何を目安に注文を入れるのか?」という感じです(笑)新通貨の詳細はまたご報告します、税制優遇があるだけに長期投資には向いているハズです、それにしても新通貨は「嵐の中の船出」となりましたね。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【ZERO流デイトレテクニック5】メルマガバックナンバー第5号

※この記事は 2008/10/23 に配送されたメールマガジンの抜粋です。

前週のメールマガジンをバックナンバーとして公開しています、リアルタイム配信にて最新情報や相場観をご希望の方は下記よりメールアドレスの登録をお願いします。

【ZERO流デイトレテクニック5】


まず22日のNY時間の安値97.22があり、97.20には目先のストップロスが溜まっているサポートラインになっていますね。12:50-55の足までにこのストップロス(サポートライン)を明らかに狙ってきていることがブログに掲載した5分チャートの青枠でわかるかと思います。


この時の5分チャートをブログに掲載していますのでご覧ください↓

▼FXデイトレーダーZEROのデイトレブログ
http://fxday.livedoor.biz/archives/51527755.html
メルマガではブログ以上に詳細な解説を付けていきたいと思います。


この青枠内の足形が出た時は勝負パターンで大きく動き出す前にショートでエントリーしていいと思います。ZEROが実際に気づいてエントリーしたのは97.20でした、この青枠のパターンは2週間に1回程度しか出現しない必勝パターンで9割くらいの勝率はあると思います。


何がほかと違う形なのかを一言で説明するのは難しいですが、「足形が湾曲するよう」にサポートラインに向かっています。


5分チャートを1年くらいずっと見ていると違いが明らかにわかるかと思いますが、このパターンの良いところは損失(ロスカット)を限定して勝負できるところにあります、今回であれば湾曲して下に向いていますから、97.20でショートにして97.35ではロスカットで良いと思います、このまま下落しないのであればエントリーした根拠自体がおかしくなりますので。


利益確定のポイントは「急落したところ」であればどこでもよいと思います。今回ZEROは96.90で利益確定しています。 その後、毎日のように行っている1回目の戻り売り97.02でショート、こちらも96.90で利益確定をしています。


合計42pipsで9連勝となりました。


ZEROはレンジトレードもたまにしますが(完全オリジナルですが)、ほぼ毎日同じ手法(得意なパターン)によって勝ち続けています。


メルマガとブログを読み続けていただければ習得できると思いますが、ZERO流デイトレの必勝パターンはトレンド発生直後の「1回目の戻り売り」と「1回目の押し目買い」です。


基本的にあまりだらだらとはトレードをしませんし、ショートカバーもあまり狙いません。サッと勝って昼寝→サッと勝って昼寝の繰り返しです。(一応マーケットはウォッチしてますが)


第6回からも実践的なトレード解説を続けます、ぜひトレードに役立ててください。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

米政府が金融安定化法に基づき保険会社の株式買い取りも検討(WSJ)、米FOMCに注目も週初からの対応策報道に注意!

9:15
日本でも市場安定化策による銀行保有株の買い取り再開が週明けにも公表を予定されていますが、米国では保険会社の保有株まで政府が買い取りを検討との報道が米ウォールストリート・ジャーナルで報道され、プルデンシャル・ファイナンシャル、メットライフ、ニューヨーク・ライフ・インシュアランスが株買い取りに興味を示しているそうです。またIMF(国際通貨基金)や世界銀行による新興国支援も進みつつあり、来週は経済指標以上に各国の支援策に注目が集まりそうです、29日深夜には米FOMCが開催されますが週明けにも何か出してくる可能性はありますのでこういった報道には注意したいですね。時間的には東京午前(オープン前)とNY午前(オープン前)に特に注意したい所です。現状では27日からのドル円・クロス円相場が円高or円安の予想は立てられませんがチャートと報道をみながら臨機応変にトレードしたいと思います、いつもどおりですが欧州午前が一番突発的な報道には左右されない時間帯だと考えています。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

11月後半以降のドル円・クロス円相場は「円安」を予想!ショートカバーに105円までの上昇を予想も目先11月前半は2番底を探る値動きか。

20081025D
0:00
こんばんは、サブプライムショック・ベアースターンズショック・リーマンショックに揺れた2008年の金融市場も来週と2か月で終了します。ここで残り2か月のドル円・クロス円相場の大きな流れを予想しておきます。目先は介入も通じない無限の「下落スパイラル」に入ったようにみえるクロス円相場ですが、ZEROは11月後半~年末には「大幅円安」を予想しています。「そんなバカな」と言われそうですが、季節要因も絡んで反発の可能性が現時点では高いと予想しています。ドル円のデイリーチャートを掲載しましたが8月の110.64から90.82まで見事な暴落を演じています。ロングポジションの解消がメインとはいえショートだって溜まりきっていると考えるのが相場、当然ショートポジションが利益確定をしてくれば「円安」になります、戻りの目処は105円までは年内に戻しても不思議ではないと考えています。それでも来週~11月前半では今回の2番底(最悪また底割れ)を狙ってくるでしょうから目先は戻り売りのショート優勢と考えています、底打ちした場合はランド円なども仕込んでスイング→12月に円安なら利益確定を考えています、ランド円はそれまでまともな取引が継続できていればの話ですが…。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
NEWS!