NEWS!
PICK UP!

【3日ECB理事会】「中銀預金金利2段階の金利設定」など効果的なドラギバズーカ最後の1発か?ユーロと独DAXの値動きに注目!

20151201独DAX週足チャート 20151201外為オンライン
◆ユーロは「売り手も買い手もハイリスク」のECB理事会が2日後に迫りました。10/22前回のECB理事会後の会見でドラギ総裁は12月会合での追加緩和を示唆、ユーロが売られ独DAXは買われています。11/24最新のIMMユーロショートは175,484枚と溜まっており、直近はさらに膨らんでいる可能性があります。ユーロ売りポジションが傾いている中で強力なユーロ売り材料(ドラギバズーカ)が出て来ることになります。当然、ユーロが急落すれば1.03レベルでは売りの手の利食いも活発になるでしょうし、限界まで戻り売りを続ける参加者もいます。ユーロは「売り手も買い手もハイリスク」と言えるでしょう。12/3~12/16のユーロ相場は乱高下というイメージで良さそうです。ショートカバーが入っても一方的に買い戻される可能性は低く、売り買い交錯と見ておくべきです。その後は12月FOMCで利上げ開始となれば、ドル高がピークアウト。ドルの都合によりユーロは押し上げられていくと考えています。3日のイベント直後まではユーロ売りが続きそうです。イベント後の値動きに注目しましょう。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【独DAXが急上昇!】ユーロ安バブルへ突入か?日経平均も堅調、WTI原油43.88ドルへ下落。日銀黒田総裁会見一応注目!

20150317独DAX週足チャート 20150317外為オンライン
◆16日は独DAXが急上昇し節目の12,000ポイントをしっかりと上抜け、日経平均先物も堅調に推移しています。市場では明日結果が発表されるFOMCとイエレンFRB議長会見に注目が集まっており、直近の急激なドル高に対して「ハト派の何か」が出て来ることに警戒感が高まっています。その他、WTI原油は43.88ドルへ下落しました。ドル円は121円台前半で横ばい、ユーロドル相場は小幅買戻しでイベントを待っています。FOMCでは「忍耐強く(patient)削除」までは織り込まれており、万一文言据え置きとなった場合にはサプライズでドル安となります。コンセンサス通りに削除された場合には会見でどの程度フォローがあるのか注目が集まります。いずれにしても3,6,9月のFOMCはビックイベントになるでしょう。9:30豪RBA議事録、19:00独3月ZEW景況感調査、21:30米2月住宅着工件数、米2月建設許可件数にも注目。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加