NEWS!
PICK UP!

トランプ大統領FRBの金融政策に言及「(利上げ)好ましくない」貿易戦争で弱い人民元とユーロに対抗か?日・EUは自動車関税と為替に懸念。

20180720ポンドドル日足チャート
19日はドル買いが溜まっている中、トランプ大統領からドル高けん制発言が飛び出し、ドルは高値から急反落しました。トランプ大統領は、CNBCとのインタビューで、FRBの利上げは「好ましくない」と発言。米貿易赤字削減を掲げている事から、弱い人民元やユーロに言及する可能性は容易に想像できたと思います。

今後、進行している円安+ドル高に対しても「不当に安くしている」といった趣旨の発言があるかもしれません。貿易戦争に関して、日本とEU(ドイツ)の心配は、自動車関税かと思います。来週25日に米欧首脳会談も予定されており、米国VS日欧の自動車関税絡みの争いに懸念が高まりそうです。

少なくとも11月の米中間選挙までは、貿易摩擦絡みの発言に振らされそうです。NYダウは134ドル安(-0.53%)、ナスダックは29ポイント安(-0.37%)でした。経済指標は、英6月小売売上高指数-0.5%(予想0.2%)、米7月フィラデルフィア連銀製造業景気指数25.7(予想21.5)でした。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

ポンド相場、ボリス・ショックで一時急落!トルコリラ相場、エルドアン大統領の娘婿を財務省で急落!それでも米国株暴騰でリスクオン継続。

20180710ポンドドル日足チャート
9日のNYダウは320ドル高(+1.31%)、ナスダックは67ポイント高(+0.88%)、為替市場はドル高となりました。英国ではEU離脱をめぐって、デービスEU離脱担当相とジョンソン外相が辞任しました。中でもボリス・ジョンソン元ロンドン市長は人気が高い事で知られており、市場も大幅なポンド売りで反応しました。

明け方にはトルコ・エルドアン大統領が、娘婿を財務相に指名し、トルコリラが急落しています。トルコリラは年内の買いは終えていますが、来年以降も少しづつ買っていくため、向こう10年くらい緩やかに下げてくれれば理想的です。

ポンドやトルコリラ個別通貨の急落はあったものの、NYダウの暴騰もあって市場全体は強いリスクオン地合いになっています。少し変化があったのは、米株高+ドル高になっていた事くらいです。基本的には当面リスクオン地合いが続き、米企業決算に突入していきそうです。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

引き続きドル堅調、ドルインデックス95.31!米1-3月期GDP確報値+2.0%へ下方改定。FRBとECB・日銀の金融政策の違いが背景。

20180629ポンドドル日足チャート
28日のNYダウは98ドル高(+0.41%)、ナスダックは58ポイント高(+0.79%)へ反発しました。為替市場では、引続き米国と日欧の「金融政策スタンスの違い」が意識されドルが堅調、ドルインデックスは95ポイント台前半で推移しています。米1-3月期GDP確報値は+2.0%(予想+2.2%)へ下方改定されました。その他、FRBのストレステストでドイツ銀行が不合格となっています。

全体的にドル高がゆっくりと進行する中、豪ドルドルは米中貿易摩擦懸念から下落傾向、ポンドドルはブレグジットへの懸念から下落傾向にあります。また、新興国経済はドル高が続く限り苦しいでしょう。7月8月も米中貿易摩擦に絡み、何度かリスク回避の場面がありそうです。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

英中銀金利据え置き7対2、インフレ・GDP見通し引き下げ。米4月CPI予想下回る。アップル株が最高値。

20180510ポンド円日足チャート
10日のNYダウは196ドル高(+0.80%)、ナスダックは65ポイント高(+0.89%)でした。

米4月消費者物価指数・前月比+0.2%(予想+0.3%)、コア前月比+0.1%(予想+0.2%)と、市場予想を下回った事を受け、利上げ加速観測が後退しています。

BOE金融政策、議事録、四半期インフレレポートでは、金利据え置きを7対2で決定、インフレ見通し・GDP見通しを下方修正しています。市場コンセンサスはハト派に傾いてしたものの、素直にポンド売りで反応しました。

直近は久しぶりに「円安」が目立ちました。武田薬品によるシャイアー買収を筆頭に、海外企業の買収に絡む実弾や思惑が市場で話題になっています。

その他、米10年債利回りは3%手前で横這い、CRB指数は204ポイント台へ上昇しています。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

武田薬品正式にシャイアー買収提案へ!決定した場合、ポンド円が反応するか大注目。今晩シャイアー取締役会。

20180508ポンド円日足チャート
7日はドル高+原油高となりました。NYダウは94ドル高(+0.39%)、ナスダックは55ポイント高(+0.77%)続伸しました。

直近の大幅なドル高は、いくつかの要因が重なったものですが、トランプ政権が打ち出した「レパトリ減税+法人税減税」が相当に効いているかもしれません。

米企業は海外に滞留していた資金をレパトリ減税を利用して本国へ還流させ、法人税が下がった本国で設備投資をしていく流れがあったと考えられます。

投資家の「ドルショート+ユーロ・ポンドロング」が溜まっていたこともあり、ドルが一気に巻き戻しました。ドルインデックスは年初来高値を更新しています。

本日は武田薬品によるシャイアー買収の期限を迎えます。報道では正式にン買収提案を行い、シャイアー側は取締役会で承認する見通し。

仮に巨額買収が決定した場合、ポンド円が大きな反応を見せるか、織り込んでいて動かないか注目しています。大きく動いた場合にはポンド円でトレードしたいところです。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero