NEWS!
PICK UP!

【プロ中のプロほどシンプル重視】日足チャートから地合いを読む1.下落トレンドが変化したことを示唆する足型。2012.11.28NYダウ日足チャート解説!

20121128NYダウ日足チャート 20121219外為オンライン
◆直近「地合いを読む」上で重要な「これは」と思った日の足型を解説します。掲載した日足チャートは直近のNYダウ先物日足チャートです。今年10月までは、不振の日本株や不景気の欧州を横目に独歩高となっていたNYダウ。10/18には13,600ドルで頭打ち、11/7に13,300ドルで押さえ込まれ、11/17に13,300ドルを押さえ込まれて300ドルづつ綺麗に下落トレンドを形成していました。ところが11/17に押さえ込まれた翌日11/18には一旦下落トレンドに従って下値を試したものの、引けでは急速に全戻し→非常に特徴的な「下髭陽線」となりました。この足型このレベル(12,700ドル台)が「需給が反転した瞬間(売り手より買い手が多い)」で、この一連の流れからの11/18の足型を見て「下落地合いがそれほど強くない」とか「反転しそうだ」などと熟練したトレーダーは感じ取るはずです。このように目先の投資戦略の「肝」になる瞬間が年に何度かあります。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加