NEWS!
PICK UP!

トルコ/円も1.89pipsへ!短期売買(デイトレード・スキャルピング)に最適なSBI FXがスプレッド縮小中!あとは自動売買ツールの導入を待つ。

SBI FX スプレッドキャンペーン延長
FXは「手数料=スプレッド」という世界です。多くの売買を繰り返すデイトレード・スキャルピングになると、スプレッドが広いか狭いかが後々大きな差になってきます。

オープン当初から低コストを売りにしてきたSBIFXトレードが、スプレッド縮小キャンペーンを延長しています。

SBIFXトレードの場合、キャンペーン中でなくともスプレッドは狭いですから、これからも短期売買(デイトレード・スキャルピング)のメイン口座として使っていこうと思っています。

SBI FXスプレッド縮小キャンペーン
利用するFX口座を選ぶ基準は「低コスト」か「取引ツール」のどちらかだと思います。あとは業者の信用度でしょうか。カスタマーファーストに関しても、個人的にSBIFXトレードが一番ではないかと思います。

決して低コストではありませんが、iサイクル注文という24時間自動売買機能を利用するために「外為オンライン」も使っています。iサイクル注文は凄い機能なのですが、若干手数料が高いと感じます。

iサイクル注文は人気もあると思いますし、取引量もそれなりに多いでしょうから、今後の手数料改善に期待したいですね。SBIFXトレードにも自動売買ツールの導入を期待! SBI FXトレード

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加